>  > 童貞の僕の感想

童貞の僕の感想

僕は、一般女性と経験がまだありません。だから栄町のヘルスを利用しています。これは女性的な発想かもしれませんが、最後までは本当に好きになった女性とやると決めているからです。何故、こんな発想になったかというと、僕の遊び人の先輩の話で、どんなにいろいろな女と遊んだりやったりしても、初めての女っていうのは、かなり後まで残る。という話を聞いたからです。僕は、口下手で恋愛経験がありません。だからこそヘルスを利用しています。こういう感じでお店を使ってきて思ったことがあります。お店を使うことで女性慣れしていくということです。店の特性上、本番はないですがそれまでの行為の練習や度胸付けにもなると感じました。変な話、女の体に見慣れておく、変な動揺をしないという点でも役に立っています。僕にいつも向けてくれる笑顔のRさんは、仕事だからと言い聞かせていますが、勘違いしそうになります。でも、勘違いでもなんでも、Rさんのお陰で実際、女の人と話すことが前よりは苦痛じゃなくなりました。前よりも、手淫に慣れたことも良いことだと思います。淫臭慣れしてきたことも、童貞の僕にとっては、とても良いことだと思っています。

[ 2015-01-07 ]

カテゴリ: 首都圏のヘルス体験談